リバウンドしないダイエットを目指そう!

ダイエットをして、せっかく3kgやせたのに、油断してしまってあっという間に、元に戻ったことありませんか?

元に戻っただけならまだしも、元の体重よりも重くなってしまうことさえありますよね。

そういうのをリバウンドっていうんですが、ダイエットでどうしてリバウンドしてしまうんでしょうか?

人は体温や血圧を維持したり、傷を治したりするという身体の機能が備わっているのですが、たとえ飢餓状態になったときでも、その機能がはたらくようになっています。
具体的には、飢餓状態になると省エネモードに入るんですね。
少ない食事の量でも体にとって必要不可欠な機能はちゃんと働くようになっているんです。
人のからだって本当にふしぎですね。
そのため、ダイエット中に食べる量を減らして、体が省エネ運転になっているときに、ちょっとでも余分な食事が入ってくると、今度また飢餓状態になったときのために、体にしっかりため込んでおこうとするんですね。

脂肪に変えてお腹やお尻にため込んでしまうんですよ。

昔々、食べるものが今ほど豊かでなかった時には、本当に必要だった体のしくみです。

身体が今、飢餓状態だと気づくと、省エネモードの入ってしまうので、体にダイエットしていることを気づかせないことが大事なんです。

極端なダイエットをするのは避けて、体重を減らすのも1か月で5%くらい減らすのを目標にすると良いそうです。

そうすると、リバウンドしにくくなります。

50kgの人であれば、体重を減らす限度は1か月で2.5kgとし、60kgの人であれば、1か月3kgまでにするとよいということですね。

他にもダイエット中は、好きなものが食べられないことで、ストレスを抱えることが多いですよね。

「美味しいものは脂肪と糖でできている」というコマーシャルがありましたが、脂肪も糖もどちらもカロリーが高そうです。

なるべくストレスを溜めることなく、順調にダイエットするためには、やはり瞑想とかした方がいいのかな~と思っています。

ヨガをしている人は、やせている人が多いという印象があるのですが、瞑想などでストレスを軽減しているおかげかもしれません。

リバウンドなし健康的できれいにやせるダイエット方法を紹介しているサイトを見つけました。

早くやせたいという気持ちはありますが、焦ってダイエットしたせいでリバウンドを繰り返し、結局元の体重よりも太ってしまったということにならないように、じっくり着実に5%ずつダイエットすることにします。